新・暮らしの経済学 - Just another WordPress site

未分類

2019年10月23日

咄嗟の時の葬儀は混乱する

人がなくなるということは、突然であると本当に混乱します。私の場合も、母が事故でなくなったのでそのときは混乱しました。どんなことをしたらいいのか、全く見当がつかずそのことについて知識がないことに困ったのです。
まず困ったことは、どこの葬儀社を決めたらいいのかということです。亡くなった時にすぐに決めることが必要となるんですね。母親の場合は、病院でなくなったのでそのことを早急に決めることが必要となりました。そのため、病院が関係しているところに決めることになったのです。全く考えていない場合は、ほとんどの人がそんなふうに決めてしまうことが多いと感じました。そんなことになるなら、もっと現実として考えておくほうが良かったと思うことがあります。後からそんなことを思っても仕方がないのですが、とても後悔をしています。
そしてとっさの場合は、詳細についてもわからないので、その葬儀社の人のいう通りにしてしまったところがありました。後から思うと、自分が出せる範囲の予算でしたほうが良かったと思うこともあります。とっさの場合は、冷静さが欠如しているので、やっぱり事前にいろいろなことを決めておくことがとても重要であると思うようになっています。

Sorry, the comment form is closed at this time.