新・暮らしの経済学 - Just another WordPress site

未分類

2011年9月15日

生活保護受給者様の葬儀についての悩み

過去、生活保護受給者の方のお葬式を幾度となく受注施行をしてきましたが、受給者様の近親者の方にはいまいちこの生活保護を受けている方のお葬式に対する市の援助がある事の認識不足をたた感じあおい葬祭としては積極的に取り組んでいます。
日もご生前中の打ち合わせと称してお客様の疑問、不安を少しでも解決出来る様に面談してきました。
やはり、1番皆さんが気になっているのは葬儀費用の用意が出来ないと悩まれているみたいですね。確かに故人様を盛大に送り出す事はできませんが葬儀一切をご遺族さまはご負担をかけずに執り行う事が可能なんです。

未分類

2019年12月3日

ペット葬儀の個別葬について

家族の一員であるペットが亡くなった時、安らかに眠ってもらえるように飼い主さんができる事がペット葬儀を行ってあげる事です。
ペットが亡くなった時、葬儀をしなくても火葬してもらう事はできますが、家族の一員として過ごした大切なペットときちんとお別れするためにも葬儀をあげることをおすすめします。
ペットが亡くなった時、葬儀をするまでに飼い主さんが行っておくことがあります。
まずはペットの体を丁寧に拭いてあげてきれいにしてあげます。そして体をきれいにしてあげたら楽な姿勢になるように寝かせてあげます。
保冷剤や冷たいタオルなどを用意して遺体の腐敗を防ぎます。夏場は特に注意が必要です。
そしてペット葬儀を行ってくれる会社に連絡し、近い日程で葬儀の予約を取ります。上総動物霊園は市原ICから約25分と利便性は良いですが地域内であれば自宅まで迎えに来てくれるサービスをしてくれます。
ペット葬儀で個別葬を行う場合自宅近くに火葬車が来ます。車が停められる場所を用意しておきましょう。お骨拾いもあり、骨壺も用意してくれます。
ペット葬儀を行うことで、ペットとの大切な思い出を思い出しながら天国に送り届けてあげる事ができます。そして亡くなってしまった悲しみはありますが、それをきちんと受け止めることにも繋がります。

未分類

2019年10月23日

咄嗟の時の葬儀は混乱する

人がなくなるということは、突然であると本当に混乱します。私の場合も、母が事故でなくなったのでそのときは混乱しました。どんなことをしたらいいのか、全く見当がつかずそのことについて知識がないことに困ったのです。
まず困ったことは、どこの葬儀社を決めたらいいのかということです。亡くなった時にすぐに決めることが必要となるんですね。母親の場合は、病院でなくなったのでそのことを早急に決めることが必要となりました。そのため、病院が関係しているところに決めることになったのです。全く考えていない場合は、ほとんどの人がそんなふうに決めてしまうことが多いと感じました。そんなことになるなら、もっと現実として考えておくほうが良かったと思うことがあります。後からそんなことを思っても仕方がないのですが、とても後悔をしています。
そしてとっさの場合は、詳細についてもわからないので、その葬儀社の人のいう通りにしてしまったところがありました。後から思うと、自分が出せる範囲の予算でしたほうが良かったと思うこともあります。とっさの場合は、冷静さが欠如しているので、やっぱり事前にいろいろなことを決めておくことがとても重要であると思うようになっています。

葬儀・葬式

2015年10月1日

中村氏死去で阪神がGM制廃止

葬儀・葬式

2015年9月30日

訃報:中本至さん81歳=元日本下水道事業団理事長